HOME > 海外モバイルのススメ > モバイルは旅を変える! >




1◆
モバイルは旅を変える!

 仕事での活用
 家族友人との連絡

2◆
モバイルの達人

 木村さん
 紅玉さん

3◆
海外モバイル実況中継

 モバイル旅行者のリンク集

4◆
デジカメで海外モバイル

 モバイルできるデジカメって何?
 このカメラの機能は?
 海外モバイルで活用
 省エネモバイル/海外設定方法
 ビジネス・シーンでも活用

5◆
地球はネットでつながっている!

ソウル / #2 / #3
バンコク / #2 / #3
上海 / #2 / #3
ニューヨーク / #2 / #3 / #4 NEW!
ロンドン / #2 / #3
ミラノ / #2 / #3 / #4 NEW!
香港 / #2 / #3
シンガポール / #2 / #3
シドニー / #2 / #3
ロスアンゼルス / #2 / #3
パリ / #2 / #3
ミュンヘン / #2 / #3



海外通信ができると、旅はこんなふうに充実する〜家族、友人との連絡

いまや日常生活でもE-mailの利用が大変多くなりました。海外でもE-mailはたいへん便利であるばかりでなく、E-mailを活用することにより旅を楽しくすることができます。ここでは海外で家族や友人と連絡をとる場合のE-mailやインターネットの活用方法について紹介します。

家族へ「無事だよメール」

海外旅行でホテルに着いてまず考えることは、家族へ無事ついたという連絡をすることでしょう。今までは日本まで国際電話というのが一般的でしたが、時差を考えなければいけませんでした。そのため、着いても夜遅くまで起きていて体力を消耗したり、日本の家族に夜遅くまで起きていてもらったりと不便な思いをしてきました。しかし、E-mailを使えば時差を考える必要もなく、送るほうも受けるほうも好きな時間に送受信ができます。特にパッケージツアーなどの場合は自由な時間がなかなか取れないため、国際電話もかけにくいですが、E-mailなら空いた時間に送受信できますから、その心配もありません。

また、ホテルからの国際電話は非常に高額です。数分日本に電話しただけで、何千円もの電話料金を取られたりします。しかし、E-mailなら、最寄りのアクセスポイントまでの電話料金とプロバイダへの料金だけで済みますので、たいへん経済的です。

どこでも連絡がつくE-mail

移動が多い旅や部屋にいないことが多いとき、滞在場所が出発時に決まっていない場合にもE-mailは威力を発揮します。このような場合、日本から連絡を取ろうとしても、本人をなかなか捕まえることができません。前に連絡があった所にFAXを送っても、すでに次の宿に移っていたりします。しかし、E-mailであれば、メールアドレスにメールを送っておきさえすれば、本人はどこからでもそのメールサーバにアクセスしてメールを取り出すことができます。このように、居所が定まらない相手でも確実に連絡が取れるのがE-mailのいいところです。

友達と旅の感動を共有しよう

海外モバイルの醍醐味のひとつは、現地で体験したことを即座に友達に伝え、その感動を共有できることです。友達を羨ましがらせるのもよいですし、友達も行ったことがある場所であればより話が盛り上がり、旅が楽しくなるでしょう。デジタルカメラで撮影した画像をE-mailに添付して友達に送るという芸当も可能です。また、その時のメールを保存しておけば、あとから読んでそのときの感動を思い出すのにも役立つでしょう。

もちろん、iモード等の携帯電話へもメールを送ることができます。ポストペットを使って、ペットに海を越えてメールを送らせることもできます。好きな人の誕生日に、ペットに花束を持たせて海外からメールを送るというのも面白いかも(海外で買ったプレゼントの写真を添付すればより有効?)。

バックパッカーの間ではE-mailが常識

一見インターネットなどというハイテクとは無縁な感じがしますが、おそらく今、海外旅行中に一番E-mailを使っているのはバックパッカーでしょう。現地で出会ったバックパッカー同士でE-mailアドレスを交換するというのが大変はやっています。彼らは、別れたあともE-mailで連絡を取り合い、各地の情報を交換しています。また、近くの都市に来たときには連絡しあって落ち合うこともあります。

今やE-mailはバックパッカーにとっては必須の連絡手段です。バックパッカーの場合は、モバイル端末を持ち歩くよりはインターネットカフェの利用が多いようです。その場合、HotMailなど無料のウェッブメールサービスの利用が便利ですから、みなさんも出発前に登録しておくとよいでしょう。

インターネットフォンで連絡

なにも、E-mailだけがインターネットを使用した連絡手段ではありません。インターネットを使用して文字や音声、動画をリアルタイムに送ることもできます。最近のWindowsパソコンにはたいていNetMeeting と呼ばれるインターネット通信ソフトがついています。このソフトを使用して両者がインターネットにアクセスすると、テレビ電話として会話ができます。もちろんカメラがなくてもマイクさえあれば音声を送ることができます。また、NetMeetingでチャットもできます。この場合かかる費用は最寄りのアクセスポイントまでの電話料金と、プロバイダの利用料金だけです。

また、インターネットにつながれたコンピュータ同士だけでなく、インターネット経由で一般の電話機に電話できる有料サービスもあります。この場合も、たいへん安いコストでの通話が可能です。例えばNet2Phoneを使えば、世界中のほとんどの国から日本の電話機に国際電話がかけられ、どこの国からでも1分17セント(発信側のプロバイダ課金および電話料金は別)です。

インターネットフォンの場合、音質の良し悪しはその経路に依存しますが、多くの場合十分実用レベルに達しています。


海外旅行の地球の歩き方
海外旅行の地球の歩き方

旅行用品の地歩工房
スーツケースは地球の歩き方

格安航空券
格安航空券 地球の歩き方トラベル



アメリカビザ
アメリカビザ
こだわりの温泉宿
留学のことなら成功する留学
ワーキングホリデー
海外ホテル予約
エアライン(航空会社情報)
海外旅行クチコミ情報掲示板
ヨーロッパ個人旅行専門店
個性派旅行専門店街
アメリカ留学の歩き方

このサイトについて | 会社概要 | 個人情報の取り扱いについて
Copyright © Globe-Trotter T & E Inc. © Diamond-BigCo., Ltd. All rights reserved.