HOME > 海外モバイルのススメ >




1◆
モバイルは旅を変える!

 仕事での活用
 家族友人との連絡

2◆
モバイルの達人

 木村さん
 紅玉さん

3◆
海外モバイル実況中継

 モバイル旅行者のリンク集

4◆
デジカメで海外モバイル

 モバイルできるデジカメって何?
 このカメラの機能は?
 海外モバイルで活用
 省エネモバイル/海外設定方法
 ビジネス・シーンでも活用

5◆
地球はネットでつながっている!

ソウル / #2 / #3
バンコク / #2 / #3
上海 / #2 / #3
ニューヨーク / #2 / #3 / #4 NEW!
ロンドン / #2 / #3
ミラノ / #2 / #3 / #4 NEW!
香港 / #2 / #3
シンガポール / #2 / #3
シドニー / #2 / #3
ロスアンゼルス / #2 / #3
パリ / #2 / #3
ミュンヘン / #2 / #3

6◆
海外データ通信体験レポート大会


第1回受賞者発表
第2回受賞者発表
第3回受賞者発表


第2回受賞レポート発表!



タイトル: チャンギ空港の無線LAN事情
ハンドルネーム: 鈴木 紀明さん(43歳 男性 千葉県)

シンガポールのチャンギ国際空港は、以前から「モバイル通信のしやすい」空港という印象があります。データポートを装備した公衆電話や、電源やLANポートまで装備したデスクが並んでいるコーナーなどが、数年前から配備されていました。そしてこれらは、設備使用料や電源使用料、シンガポール内のアクセスポイントまでの電話代などが無料で利用することができるのです。2〜3年前より無線LANのサービスも提供されていることを聞いていましたが、自分の機材がうまく無線LANに対応していない状態だったので、このサービスを使用できずにいました。折しもモバイル通信用のノートPCを買い換え、無線LANアダプターを内蔵し、OSはWindowsXPを搭載した機種を持って、シンガポールに出張する機会がやってきたので、さっそく試してみました。
前述のインターネットサービスが提供されているエリアでノートPCを起動すると、さっそく電波を捉え、利用可能なネットワークとして「StarHub」が確認できます。その状態でブラウザを起動すると、自動的にログイン画面になるので、画面に表示されているとおりにユーザーID(guest)とパスワード(starhub)を入力し、ログインの手続きを完了すると、インターネットに接続します。あとはメールの送受信やブラウジングが自由にできました。(あとで気がついたのですが、ブラウザを起動する前にメーラーを起動すると、「Welcome to StarHub Wireless Broadband Hub - CAAS Click here to login.」というメッセージがHTML形式で受信されますので、そこからハイパーリンクでログイン画面を表示することができるようです。)
いままで、日本国内のホットスポットなどで試した際に、電波を捉えるまではスムーズにいっても、その先の認証がうまくいかず、接続できなかった経験が何度かあるので、今回はやや拍子抜けするほどあっさりとつながってしまいました。
 これまでチャンギ空港でモバイル通信する際には、データポートを利用して、AGN(AT&T GLOBAL NETWORK)のシンガポールのアクセスポイントに電話線で接続しており、それでも実際のところあまり不自由は感じていませんでしたが、やはり接続時間を気にすることなく、高速な通信ができる無線LANは快適です。このサービスは空港の中でも限られたエリアでしか提供されていないのかと思っていたのですが、搭乗ゲートに移動した際に、待ち時間を利用して、試しにノートPCを起動させたところ、搭乗口(C2)付近でも比較的強い電波状態であることがわかりました。まさに電波さえ捉えられれば、通信する場所を選ばない無線LANのメリットを最大限に生かし、搭乗時間ぎりぎりまでモバイル通信を利用できたのです。
最後に家族へ「これから帰国便に搭乗します」というメールを送って、ノートPCの電源を切りました。

さっそく電波をキャッチ!


ワイヤレスはやっぱり楽ちん



タイトル: アクセス制限にご注意を!〜モスクワ〜
ハンドルネーム: Yutaka さん(53歳 男性 埼玉県)

2002年11月、雪の降り始めたモスクワ市内のホテルに泊まりました。
ホテルの名前は「ホテルブタペスト」。クレムリンから歩いて15分ぐらいの、中心街にある便利の良いホテルです。モスクワでは市内電話は無料ということで、ホテル到着後、早速GRICのダイアラーで市内電話からローミングを行おうとしました。でもモスクワの電話番号が見つかりません。iPassのダイアラーでも見つかりません。ATTGlobalのダイアラーで電話番号やっと見つけて電話をしたら、接続拒否されました。ふと部屋の机の上を見ると、ホテルでのインターネット接続方法が書いてありました。それによると、ホテル内のある内線番号にダイアルアップでつなげば良いとの事。早速、「新しい接続ウイザード」で設定をしました。IDとパスワードは自分の部屋番号を入れてアクセスします。内線番号がダイアルされると、モデム音が聞こえてきて、接続速度は28.8Kですが無事接続ができました。WEBサイトを見るにはちょっと遅いのですが、メールを読み取るだけなら、そこそこのスピードで受信ができました。料金は日本円で1分10円程度。GRIC等のローミングサービスよりは安価です。この料金の支払いは、ホテルの請求書に他の請求と同じように載ってきますので、チェックアウト時に支払えました。
後日、日本に帰ってGRIC等のWEBページで調べたら、モスクワでは、ローミングサービスアクセスポイントへの不正アクセスが多く、一時的に閉鎖しているか、又はアクセス制限を行っているそうです。モスクワに旅行を予定されている方は、インターネットアクセスについては、事前準備が必要ですので、注意されることをおすすめします。


レポート投稿第3次受付中!