HOME > 海外モバイルのはじめ方 > 海外モバイルのための実践編 >




1◆
海外モバイル通信の基礎知識

2◆
海外モバイルのための準備編

 お勧め機器&予算 更新!

 必須アクセサリ

 賢いプロバイダ選び

   プロバイダ選びの注意点
   お勧めプロバイダ
   プロバイダサービス例 更新!
   GRICとIPASS利用法

 出発の前に必要な準備

   海外モバイルの仕組み
   ダイヤルアップ先の登録
   メールの設定
   接続テストをしてみよう
   接続できない時の解決法

3◆
海外モバイル実践編

 回線確保の方法

 ローミング先へアクセス

   WEBページ閲覧
   メールの送受信

 トラブルシューティング

   トラブルシューティング2

 海外モバイル安全対策




回線の確保の方法
日本でもそうですが、ネットに接続するためにはまず物理的な接続を成功させなければなりません。つまり電話回線の確保です。海外では電話線のプラグの形状が違っていたり、コードそのものの作りが違っていたりするため、日本で使っている電話コードを持っていってもそのまま使えない可能性があります。ここではホテルでの滞在時の回線確保について説明を行います。

部屋に入ったら
まずは電話機を探しましょう。最近はモバイル機器利用の宿泊客のためにデータポートを設置しているホテルも増えてきましたから、うまくすれば電話機の周りに差込み口があるかもしれません。またデータポートが見つからなければ、電話機につながっている電話線を外すことができるかどうか確かめましょう。通信が可能なのは受話器を接続しているコードとジャックではなく、壁から電話機本体の方へ延びる電話線の方です。
普通はここまで探せば、パソコンのモジュラージャックと接続するための電話線は確保できると思います。

もし上記の状態で電話線や差込み口が見つからなければ、今度は電話機から延びる電話線をたどって壁の方を見てみましょう。壁から延びるコードが、用意しておいたアダプタを接続できる形であればセーフ。もし電話線がただ壁から出ているだけなら、その部屋での接続は難しいかもしれません。その時はバスルームの電話もチェックしてみるか、部屋でコンピュータを使ってネットに接続したい旨をレセプションに伝えて、使える電話回線があるかどうかを聞いてみましょう。

電源の確保も重要
電話線をうまくつなぐことができたとしても、電源が近くになければパソコン操作は不便なものになります。パソコンで通信を行う時は、モデムで電気を使うので省電力設定にしていても、電池はどんどん減っていきます。海外モバイルで1時間〜2時間という接続を行うことは少ないと思いますが、安心して作業をするためにも電源を確保してパソコンをつなぎましょう。

普通はデスクが壁際に、電話機がベッドサイドにという部屋の作りでしょうから、机に座ってパソコンを使うことになると思います。デスク周りは電源が簡単に見つかるでしょうから、パソコン操作を楽に行うためにも長い電話線を用意しておき、デスクに座って作業できるようにしましょう。

次は電話回線の確保
持参の電話コードがうまく接続できる状態であれば、あとはダイヤルするだけでよさそうですが、この回線が死んでいるケースがままあります。回線が死んでいるといっても故障ではなく、単にホテルのシステムとしてその回線を閉じているケースと考えてください。

ホテルにとっては、部屋からの電話代も収入源の一つですが、国際電話はホテル側の原価も高くなるため、ホテルも含まれたパッケージツアーに参加していても、カード・ギャランティを求められることがあります。チェックインの時にカードを機械に通すあの操作(インプリント)ですね。

ホテルによっては、カード・ギャランティを取るほかに、客が部屋をチェックアウトしたあとは、その部屋の電話が外線発信できないように回線を閉じてしまうこともあります。チェックインした部屋の電話がたまに使えないのはそのためです(その場合でも内線は通じる)。またデータポートを使う時には、レセプションに申し出て回線を開いてもらうというシステムになっていることもあります。部屋では電話線の場所を探すだけでなく、ルーム・ディレクトリにコンピュータによるネット接続についての記述がないかも見てみましょう。

回線のチェック
回線がパソコンでの通信に適しているかどうかは、モデムセーバーのような回線チェッカーを使うのが安心です。最新のモデムセーバー「モデムセーバーLT」なら、回線の内外反転や逆性を直すスイッチも付いているので便利です。

回線が生きていて安全(過電流が流れていない)であることがわかったら、回線がダイヤル式かトーン(プッシュ)式かも確認しましょう。ダイヤルした時に「ジジジジ…」と音がすればダイヤル式、「ピ・ポ・パ…」と音がすればトーン式回線と判断していいでしょう。普通はトーン式回線の方が多いと思います。

電源の利用
日本と同じ100V・50Hz/60Hzという電圧の国はまずありません。また差込み口の形が違うことも普通ですので、電源を利用するためにもアダプタが必要になってきます。具体的な機器については別項に説明を譲りますが、電源利用についての注意を少し。

イギリスやオーストラリアでは電源コンセントにスイッチが付いていて、それをonにしないと電気が通じません。また洗面所のコンセントは世界中からの旅行者のために、様々な形のプラグが使える形になっていますが、少電力の機器(シェーバー程度)の利用を前提に作られているので、パソコンをつなぐと容量オーバーになるかもしれません。

あと細かいことですが、電源コンセントの変換プラグは壁に残したままにしやすいので、忘れないように注意しましょう。心配な方は、アダプタとACコードを絶縁ビニールテープで一巻きしておけばいいと思います。


このサイトの中の参考ページ

ローミング先へアクセスした時のトラブルとその解決法
海外旅行の地球の歩き方
海外旅行の地球の歩き方

旅行用品の地歩工房
スーツケースは地球の歩き方

格安航空券
格安航空券 地球の歩き方トラベル



アメリカビザ
アメリカビザ
こだわりの温泉宿
留学のことなら成功する留学
ワーキングホリデー
海外ホテル予約
エアライン(航空会社情報)
海外旅行クチコミ情報掲示板
ヨーロッパ個人旅行専門店
個性派旅行専門店街
アメリカ留学の歩き方

このサイトについて | 会社概要 | 個人情報の取り扱いについて
Copyright © Globe-Trotter T & E Inc. © Diamond-BigCo., Ltd. All rights reserved.