HOME > もっとラクラク海外モバイル > 携帯電話でモバイル通信 >




1◆
携帯電話でモバイル通信

 仕組みとサービス

 日本での準備1

 日本での準備2

 現地での接続に挑戦

 携帯電話モバイル通信の実例

 各国でのデータ通信レポート

   第1回 スペイン編
   第2回 台湾編
   第3回 アメリカ編
   第4回 ヨーロッパ編
   第5回 韓国編 NEW!

2◆
手ぶらで海外通信

 インターネットカフェ

 手ぶらでメール

3◆
海外でもケータイメールを日本語で NEW!

 仕組み

 利用方法

 実践レポート 近日UP予定




携帯電話でモバイル通信
日本での準備〜通信設定、パッキング

次はいよいよ電話機とパソコン本体を接続します。ここではPCカードのインストールと、通信のための設定(ダイヤルアップネットワークの設定)、機器の持ち運び方について説明いたします。

PCカードと電話機をパソコンに接続
ドライバのインストールが済んでいれば、PCカードのインストールは簡単です。電話機とPCカードを接続したら、PCカードをパソコンのPCカード・スロットに挿入しましょう。「新しいデバイスが見つかりました」の表示が出てあっという間にインストールは終了します。

Windows XP 版
「ネットへの接続設定」

3)『ネットへの接続設定』(ここでは日本のアクセスポイントへ繋ぐと想定します)
【1】『マイコンピュータ』→『コントロールパネル』→『ネットワーク接続』と進んでください。
【2】『ネットワークタスク』の中の『新しい接続を作成する』をクリックしてください。
【3】『新しい接続ウィザードの開始』画面が表示されますので、次へ進んでください。
【4】『ネットワーク接続の種類』は『インターネットに接続する』を選択、次へ進んでください。
【5】『準備』の画面で『接続を手動でセットアップする』を選択し、次へ進んでください。
【6】『インターネット接続』の画面で、『ダイヤルアップモデムを使用して接続する』を選 択し、次へ進んでください。
【7】『デバイスの選択』画面で作成した『標準19200bps』のみを選択し次へ進んでください。
【8】『接続名』の画面の『ISP名』は任意の名前をつけて次へ進んでください。
【9】『ダイヤルする電話番号』の画面は、ここでは電話番号を入力せずに次へ進んでください。
【10】ご利用になるプロバイダの『ユーザー名』『パスワード』を入力し、次へ進んでください。
【11】『この接続へのショートカットをデスクトップに追加する』にチェックをつけ『完了』ボタンを押してください。
【12】以下の画面が表示されたら、『プロパティ』ボタンを押してください。

【13】『接続の方法』で今作成した『標準19200bpsモデム』のみにチェックをつけ、『ダイヤル情報を使う』のチェックを外し、電話番号の欄に市外局番からアクセスポイントの電話番号(日本のアクセスポイント等へ接続する場合は、滞在国のアクセス番号(例00)+日本の国番号(81)+0を除いた市外局番+アクセスポイントの電話番号)を入力してください。
*次の例は、日本にあるアクセスポイントの電話番号を入力した例です(滞在国は英国とします)。

*注意:プロバイダによってはDNSの設定が必要な場合があります。その際は『ネットワーク』タブ→『インターネットプロトコル(TCP/IP)』を選択し、『プロパティ』ボタンを押し、以下の画面で必要な設定を行ってください。大半はこの設定は不要です。

【14】『構成』ボタンをクリックし、『ハードウェアの機能』欄のチェックを全て外し、OK→OKと戻ります。
【15】『ダイヤル』ボタンをクリックして、インターネットへ接続してください。

*注意:パソコンからPCカードを抜いて、携帯電話の電源を入れたままPCカードを再び挿すと『新しいハードウェアの検策ウィザードの開始』が表示される場合があります。その場合は、以下のように対処してください。
1.『キャンセル』ボタンを押し、ウィザードを閉じてください。
2.PCカードをパソコンから抜き、携帯電話の電源を切ってください。
3.再度PCカードをパソコンに挿し込み、最後に携帯電話の電源を入れてください。

通信機器は手持ちに
パソコン本体や通信機器は精密機械ですから、取り扱いには気をつけなければなりません。特に飛行機で移動する場合、機内持ち込みの荷物は極力減らしたいものです。しかし、預けた荷物は必ずしも丁重に扱われている保証はありません。

また機器が無事だとしても、ロストバゲージの可能性は常にあります。いざというときにACアダプターやモデム用ケーブルがなければ通信する目的は果たせません。少々荷物が増えてしまいますが、モバイル通信に必要な最低限の機器一式は、機内持ち込み荷物にすることを強くおすすめします。

携帯電話でデータ通信を行う際に必要な最低限の荷物の例

  • パソコン本体
  • ACアダプタ
  • 電話機
  • 電話機用充電器
  • データ通信用PCカードとケーブル

  • モバイル通信ができる携帯電話のレンタル・サービス
    G-PHONEでは、『GSM方式の国』、『アメリカ』に続き『韓国』でのデータ通信機器のレンタルサービスを2001年9月からスタートしました。(レンタル料は無料)こちらから同社サイトの情報をご覧ください。