HOME > もっとラクラク海外モバイル > 携帯電話でモバイル通信 >




1◆
携帯電話でモバイル通信

 仕組みとサービス

 日本での準備1

 日本での準備2

 現地での接続に挑戦

 携帯電話モバイル通信の実例

 各国でのデータ通信レポート

   第1回 スペイン編
   第2回 台湾編
   第3回 アメリカ編
   第4回 ヨーロッパ編
   第5回 韓国編 NEW!

2◆
手ぶらで海外通信

 インターネットカフェ

 手ぶらでメール

3◆
海外でもケータイメールを日本語で NEW!

 仕組み

 利用方法

 実践レポート 近日UP予定




携帯電話でモバイル通信
携帯電話モバイル通信の実例

これまで紹介してきたように、携帯電話でのデータ通信は手軽に実行できます。では現地で使う時にはどんなシーンで役に立つでしょうか。使用環境も考えながら、利用シーンのあれこれをご紹介します。

携帯電話は海外でこそ便利に使える
みなさんも経験があるかと思いますが、海外の公衆電話は故障していたり設置台数が少なかったりと何かと利用に不便なことがあります。また通話料金の精算も、コイン方式があればテレフォン・カードもあるというように、同じ国の中でも複数の形式の端末が設置されていることがあり、利用の際は支払いに頭を悩ませることも少なくありません。

その点、携帯電話であれば電池の保ちの心配だけで、いつでもどこでも気軽に利用できます。日本は治安もよく、公衆電話利用のありがたみはそれほど感じないかもしれませんが、海外の事情はちょっと違います。携帯電話は海外でこそ役に立つツールです。

海外の公衆電話にはデータポートがない
日本ではずいぶん早くから「グレ電」と呼ばれるタイプの公衆電話で、データ通信ができるようになっていました。しかし、海外の街中の公衆電話でデータ通信ができるようなものを設置している国はほとんどありません。またたとえ公衆電話にデータ・ポートがあったとしても、治安の問題があるため、空港のようなクローズドの空間ならともかく、街中でパソコンを操作するのはたいへんなリスクを伴うと言っていいでしょう。

したがって、公衆電話でしかデータ通信ができないような環境にある場合は、たとえインラインカプラーを使ったとしても、データ通信の可能性はぐんと低くなってしまいます。
携帯電話ならこんな心配はありません。部屋に電話線が来ていないホテルでも難なく通信が可能ですし、場所を選べば街中での通信作業も可能です。「いつでも、どこでも通信できる」携帯電話によるデータ通信は、本当の意味での海外モバイル通信を可能にしてくれます。

データポート付きの公衆電話があったとしても
海外でも空港にはずいぶんデータポート付きの電話機が設置されるようになりました。シンガポールのチャンギ空港や台湾の中正機場ではデータポート付きの電話を見ることができます。
空港なら治安の心配もまあまあ緩和されますし、実際、待ち時間に自分のコンピュータで通信できたら便利だろうと思うことが多くあります。しかし、空港の電話機はデータポートがあってもその使い方が難しいことが多く、電話機を使うという時点でつまずいてしまうこともあります。

例えば、この記事の右側に写真を掲載したシンガポールのチャンギ空港にあるStarHub社の電話機の場合、シンガポール市内への通話は無料でできるのですが、データ通信はクレジットカードによる有料通話となってしまいます。シンガポールは英語が公用語ですから、まだ表示を読んで操作をすることもできますが、台湾の空港の端末には中国語の説明しかありません。機械はあっても使いづらいというのが、海外のデータポート付きの公衆電話の実情です。

携帯電話ならそんな心配は全く無用ですし、荷物の管理も公衆電話でデータ通信を行うことに比べれば、ずっとストレスがかかりません。データポートの付いた公衆電話がある場所でも、携帯電話のデータ通信は優位性を保っています。
チャンギ空港のStarHub公衆電話

携帯電話のデータ通信が有効なシーン
携帯電話でデータ通信を行う便利さを紹介してきましたが、実際どんなシーンで使うとより活用できるでしょうか。それぞれのシチュエーションを紹介しながら、使い方を考えます。

空港で通信
国際線のチェックインは2時間前が基本ですから、宿を出て飛行機に乗るまでの間は3時間から4時間の時間差が生じることになってしまいます。
時差の少ない国に行っている場合ならともかく、空港で過ごしている時間は日本が深夜から早朝になっている場合は、仕事はもちろん家族との連絡も難しいものとなります。空港でメール・チェックをすることができれば、とは誰しもが思うことではないでしょうか。

街中でコンピュータを操作するのはリスキーと書きましたが、空港はスリや置き引きの心配はあるものの、イミグレーションを通ってしまえば暴力的犯罪によるパソコンの強奪のようなトラブルに遭う危険性は低いものと思います。また航空会社のラウンジを使うことができれば、電源も確保できるし通信はきわめて楽なものとなります。空港での携帯電話によるデータ通信は、時間を有効に最大限に使う意味で、非常に便利な使い方です。
韓国の新しい国際空港、仁川(インチョン)空港でデータ通信中

乗り物の中で接続
海外の携帯電話も電波出力が強大です。そのため、空港からのリムジンバスや地上を走る列車などであれば、データ通信はじゅうぶんに実用的です。「地球のつなぎ方」のレポーターは世界の様々な場所で乗り物からのデータ通信を実行しましたが、電波が全く来ていない場所は別にして、市街地の近くであればデータ通信を実行することができました。

これなら長いフライトを終えて現地に着き、滞在地までまだ何時間かを残すという状態でもメールチェックが可能になります。家族に到着の無事を知らせるメールを送ってもいいし、ビジネス出張であれば「待ち」の時間の間に仕事に手を付けることができます。
台湾の空港から台北市内に向かうバス中で通信

街中で通信
治安の問題があるため、全ての国でおすすめできるものではありませんが、場所を選べば街中でもデータ通信を行うことは可能です。

店員の目が行き届いているカフェの奥まったスペースならコンピュータ操作も安心して実行できるでしょう。もちろん取引先のオフィスや訪問先でも、携帯電話によるデータ通信は有効です。電話回線を塞ぐ心配がなく通信ができるのは携帯電話ならではの長所です。

右の写真は、ちょうど同じころエアーズロックから映像をアップロードした友人のサイトをチェックした時の模様です。シンガポールの屋台村とエアーズロックがつながった瞬間でした。携帯電話によるデータ通信ができれば、まさにリアルタイム・モバイル通信が可能になります。
エアーズロックを見ながらシンガポールで乾杯


モバイル通信ができる携帯電話のレンタル・サービス
本文で紹介しているG-PHONE社の携帯電話は、どなたでもレンタル・サービスを使うことができます。こちらから同社サイトの情報をご覧ください。