HOME > 海外モバイルお役立ち情報 > 国別モバイル情報 >




1◆
参考書

2◆
海外モバイル全般を扱うサイト

3◆
海外旅行中に便利なリンク集

 天気予報

 インターネット電話帳

 ニュースのサイト

4◆
モバイル機器最新情報
 

 モバイル用ノート

 ドッキングノートやPDA

5◆
モバイルグッズを入手するには

6◆
国別モバイル情報

 イギリス

 オーストラリア

 韓国




国別モバイル情報

イギリス

イギリスはヨーロッパ内で最もインターネットが普及している国の1つです。特に無料プロバイダ(電話代のみ自己負担)はイギリスが最先端を行っており、BTが特定時間帯に限り通話料も無料というサービスを始めるなど、ユーザーにとっては嬉しい限りです。インターネットカフェも各地にあり、留学生などで賑わっています。ただし日本語対応のパソコンを置いてあるところは少ないので、安いものでいいですから自分のパソコンを持って行くべきでしょう。
携帯電話は非常に普及している反面、携帯電話通信(モバイル)は割高ということもあって、まだ一般的ではありません。アメリカほどではないものの、インターネット環境は充実しているので、滞在期間が短期・長期に関係なく海外モバイルのメリットがある国と言えるでしょう。

基礎情報

日本との時差 9時間遅れ。3月最終日曜〜10月最終日曜まで夏時間(8時間遅れ)を採用
電源(電圧・周波数、プラグの形) 240V・50Hz、BFタイプ
※コンセントにはスイッチがついているので、ONにして使うこと
電源(品質) 良好
国番号 44
日本からイギリスへのダイヤル方法 001、0061、0041+44+ゼロを取った市外局番+電話番号
イギリスから日本へのダイヤル方法 00+81+ゼロを取った市外局番+電話番号
電話回線(プラグ形状) イギリス(BT)タイプ
電話回線(品質) 良好
ISDN回線の普及度合い BTは積極的に宣伝中だが、日本ほど一般的ではない
職業別電話帳 あり(イエローページ)
人名電話帳 あり(Phonebook)

公衆電話からの通話

一般的な形式と料金 国際電話もOK。タイプは何種類かあるが、カードとコインの両方が使えるものに統一されつつある。通話料は最低10ペンスから。
支払い方式の種類 硬貨、テレフォンカード、クレジットカード
クレジット・カード式電話 一部で設置されている
その他のタイプの電話 特になし

ホテルでのデータ通信

外線発信番号 0が一般的
市内通話料金の相場(料金/分) 1ポンド前後
一般に使われている電話機のタイプ モジュラー・ジャックでつながっているプッシュ式電話機
モジュラー・ジャックの状態 壁や電話機からの取り外しが可能
PBX回線またはLAN接続の可能性 少ない
ビジネス・センター 大手ホテルチェーンに設置されている
その他のコメント 通話料のサービスチャージが割高
その他のタイプの宿泊施設と電話設備 B&Bやユースホステルは電話が少ない

空港でのデータ通信

通信可能な電話機の有無(ロビー) あり(ヒースロー空港)
通信可能な電話機の有無(航空会社ラウンジ) あり

市内でのデータ通信

通信可能な電話機の有無(市中) なし
市中利用の現実度 低い
通信可能な電話機の有無(その他) なし。大型液晶画面付きのインターネット公衆電話がごく一部に設置された様子。日本語は使えないと思われる。

携帯電話

形式 GSM
入手方法と代金相場 プリペイドや年間契約のもの(買い取り式)であれば入手容易。月極は審査が厳しい。100ポンド前後から。Vodafone/Cellnet/Orange/One2One/Virginが主要キャリア。
旅行客の入手の可否 プリペイドタイプなら可能。ただし通話料が割高(1分50円以上)
通話料金の相場 契約タイプや通話先によって異なる。(1分5円〜100円)
データ通信カードの存在 あり
レンタル電話の利用(日本契約) 可能
レンタル電話の利用(現地契約) 可能。KDDなどが実施

インターネット・カフェ事情

お店の密度 EasyEverythingが有名。http://www.easyeverything.com/frames/map_index.html
料金相場 1時間1ポンドから
日本語環境の普及度 少ない

ホームステイ

ネット接続の可否 ホスト・ファミリー次第。電話料金が高いと信じている人も多く、事前に通話料や支払い方法などを理解してもらうことが大事。
電話代の精算方法 毎月請求書と一緒に通話明細が届くので細かく精算可能

一般家庭

通話料金(料金/分) 平日昼間なら市内1分4ペンス、週末なら1ペンス。通話毎に5ペンスの基本料金が加算される。
回線をひくための手続き BTショップへ直接出向くか、BTのカスタマーサービスへ電話する。屋内への配線の有無によって工事内容が変わる。新規の場合は時間もお金もかかるが、既設回線の開通だけなら数日以内に可能。(料金は20ポンドほど)
電話機の種類と価格相場 安いものなら10ポンドほどから売っている

機器の入手

コンピュータ本体 コンピュータ・ショップや通販。日本に比べて非常に割高で新しい機種の入手は難しい。
周辺機器 コンピュータ・ショップや通販。非常に割高。
電話関係のアクセサリ DixonsやTandyなどの電器チェーン店で入手可。モジュラーアダプタは5ポンド前後。
変圧器 入手は難しい

現地プロバイダ

メジャーなプロバイダ EasyNetやDireconの老舗プロバイダも、最近は無料プロバイダに押されている。通話料のみで使える無料プロバイダが一般的。最大手はFreeserve。
日本語サポートのあるプロバイダ 日系プロバイダならば可。KDD系のKEW(www.kew.net)やSo-net UK(www.uk.so-net.com)など。
無料プロバイダ あり。100社以上が参入している。
旅行者が申し込めるプロバイダ 無料プロバイダならば可


海外旅行の地球の歩き方
海外旅行の地球の歩き方

旅行用品の地歩工房
スーツケースは地球の歩き方

格安航空券
格安航空券 地球の歩き方トラベル



アメリカビザ
アメリカビザ
こだわりの温泉宿
留学のことなら成功する留学
ワーキングホリデー
海外ホテル予約
エアライン(航空会社情報)
海外旅行クチコミ情報掲示板
ヨーロッパ個人旅行専門店
個性派旅行専門店街
アメリカ留学の歩き方

このサイトについて | 会社概要 | 個人情報の取り扱いについて
Copyright © Globe-Trotter T & E Inc. © Diamond-BigCo., Ltd. All rights reserved.